ゴジラと時代
―ゴジラの存在、50年の破壊と歴史―

841×1,189 mm

Jun. 2013

1954年3月、ビキニ環礁で行われた水爆実験により第五福竜丸が被爆した。この事件を元に『ゴジラ』が制作され、その年の11月に上映された。「核のメタファー」としてスクリーンに現れたゴジラは、1954年から2004年までの半世紀で28作品制作され、時代とともに様相や立場を変えて日本全土を破壊してきた。怪獣相関図、怪獣達の移動を表したチャート、ゴジラと壊された建物の高さ比較、壊された戦車などの数、そして日本の原発の歴史や特撮作品などの変遷から、その変貌の歴史を一望できるようにした。

In March 1954, Dai Go Fukuryu Maru, a Japanese tuna fishing boat was contaminated by nuclear fallout from the United States thermonuclear weapon test at Bikini Atoll. Based on the incident, the movie “Godzilla” was made and screened on November in the same year. Since then, 28 Godzilla movie series have been made till 2004, symbolizing nuclear power on screen. The diagram tells relationships between monsters appeared in movies, charts of their movements between cities, comparisons between Godzilla and buildings turned down, the number of tanks destroyed by Godzilla, and a history of Japanese nuclear power plants or transition on movies with special effect techniques.